現代の質屋事情を知る

知って得する☆質屋の買取事情

これが現代質屋事情

一昔前なら「借金」「暗い」「貧乏」「最後の手段」「高利貸し」と、マイナス要素の強い言葉がどんどん浮かんできた質屋のイメージも、今ではすっかり払拭され、質屋などの金融業はその存在を見直されるようになってきました。

金融全体のイメージが見直されたのは、テレビCMや法改正に伴う消費者金融クリーン作戦のおかげです。

もともとその頃には、クレジットカードや分割払いの日常的な使用で、お金を借りるという事にすっかり抵抗をなくしていたという事のほうが大きな理由かもしれません。

質屋の場合、それに加えてものに対する考え方が変わったことも、大きな原因と言えます。

昔は質屋に入れるのは、嫁入り道具の着物、親の形見などの「大切な物」でした。

それが、物の溢れる現代では、「使わなくなったもの」「気に入らなかったもの」「不用品」または「大切だけど、代わりが見つかるもの」となってきたのです。

この変化が、質入れを「切羽詰まった苦肉の策」から、「合理的でエコな選択」へと変えていったのです。

実際、捨てることも簡単にできる現代では、質入れすることで少しでもリユースの機会を広げることができるというのは、非常にエコな活動だと言えます。

< お役だち情報サイト >
一般社団法人 日本時計輸入協会