質屋に売って得しよう

知って得する☆質屋の買取事情

質屋に売って得しよう

共通のマニュアルがない質屋の査定。

ですから、査定額はお店によってばらばらの場合があります。

大きなお店になると、同じお店でも鑑定士によって査定額が違う、という事だってあるのです。

大きなお店の場合などは、マニュアルが存在する物ですが、それでもやはり、個人の目利き力に頼るというのが現在のスタイルなので、このようなことが起こります。

ですから、査定額に納得がいかない場合は、複数の質屋をまわるというのがおすすめなのです。

特に、レアものや骨董的価値のあるもの(アンティーク)などは、目利きの具合によって、ゼロが一つ変わるような査定額の差が生まれますので、しっかりと自分が納得できる鑑定書してくれる質屋を探すことが、何と言っても必要です。

質屋で高く買い取ってもらうポイントに、○どこの店にするか○品物をどれだけきれいにするか○付属品をどれだけそろえられるか、というものがありますが、この、「どこの店にするか」というのがまさに、骨とう品やレアものなどの場合に重要なのです。

もちろん、客層がわかるようなブランド品などの場合も、それに力を入れている店に持ていくという事が、高額査定につながります。

< お役だち情報サイト >
一般社団法人 日本時計輸入協会